一般社団法人 堺市医師会
在宅医療に関する不安やお悩みについて気になる事はお気軽にご相談ください。 072-221-3030
医療関係者の皆様へ
在宅医療推進事業
第5回 在宅医療懇話会
【募集終了】かかりつけ医と...
第4回 在宅医療懇話会
第3回 在宅医療懇話会
研修会(南第3区圏域居宅介...
相談事例1
第2回 在宅医療懇話会
在宅医療の診療報酬研修会
第1回 在宅医療懇話会
開所式

第5回 在宅医療懇話会

在宅医療懇話会

【第5回 在宅医療懇話会】

第5回目の在宅医療懇話会は、医師と看護師の交流会を行いました。

前半に「在宅医療における尿路管理について」池上医院の院長 池上雅久先生から、在宅での尿路管理トラブルや実際の症例を用いて、それぞれの具体的な解決策などをご教示いただきました。

大阪府訪問看護ST協会の井上昌世氏からは、定期的な尿路管理が必要になった症例からどの範囲まで訪問看護としてのケア対応が可能かをご講義をいただきました。

後半は、医師29名、看護師26名がグループに分かれて、ワールドカフェ形式で交流会。

 終了後のアンケートでは「尿路カテーテルのトラブルは、まれなことではなく、どのような場合に泌尿器科医に相談すべきかが明確になり今後の治療方針の参考になった」「訪問看護STと連携をとれる機会があり有難かった」等のご意見がありました。

 在宅療養支援診療所において、24時間訪問看護のできる訪問看護STと連携する体制をとることは必須要件。今後も引き続き在宅医療懇話会の継続を図り、在宅医療における環境作りや情報交換を行います。

 

                                    

         

 

 

 

 

                       

              

        

 

 

 

 

2019.03.31 第5回 在宅医療懇話会

第4回 在宅医療懇話会

在宅医療懇話会

【第4回 在宅医療懇話会】

 第4回目の在宅医療懇話会は、前回までの発表や意見交換をふまえ、診療所の区ごとに分かれてグループディスカッションを行いました。テーマは

@自院の在宅医療、他の医療機関との連携の必要性

A今回の3つの連携例への意見

B今後の堺市での在宅医療機関間の連携・制度づくり 

『在宅医療連携を行うには、医師同士のコミュニケーション、信頼関係の元に成立する』『在宅患者数が多くなると24時間対応を全て1人で担うのは無理でも地域で連携するとできそうだ』など、予定時間を超えても議論は止まらず。

在宅医療懇話会は医師同士の顔の見える関係、情報交換の場にもなっています。

 

 

                       

              

        

 

 

 

 

2018.01.31 第4回 在宅医療懇話会

第3回 在宅医療懇話会

在宅医療懇話会

【第3回 在宅医療懇話会】

 今回で3回目となる在宅医療懇話会は、平成29年11月28日に開催しました。今回は、太田医院太田俊輔先生より、「みんなで支える在宅医療〜連携すればきっとできる〜」、嶋田クリニック嶋田一郎先生より、「在宅医療を行う医療機関が増え、連携が進むための私的提案」と題して講演をしていただきました。

先進地域の連携体制や自院で行っている診診連携、堺市として進める在宅医療連携のより具体的な案が示され、回を重ねるごとに議論が専門的になってきています。

今後も懇話会で堺市医師会における在宅医療提供体制についての検討を継続していく予定です。

 

        

 

 

 

 

2017.11.28 第3回 在宅医療懇話会

第2回 在宅医療懇話会

在宅医療懇話会

【第2回 在宅医療懇話会】

 第2回在宅医療懇話会は平成29年9月27日に行われ、第1回目より多い32名の先生方が出席されました。今回は機能強化型在宅療養支援病院として診療所との連携体制を実施している(医)方佑会植木病院 院長 植木 孝浩先生より「植木病院と診療所との連携」の講演をしていただき、太田医院 太田俊輔先生より休日の麻薬処方について、岡原クリニック 岡原和弘先生より診療材料の単品購入についての情報が提示されました。今回も質問や活発な意見交換がされました。今後も堺市におけるよりよい在宅医療のシステムについて議論を続けていく予定です。

 

 

2017.09.27 第2回 在宅医療懇話会

第1回 在宅医療懇話会

在宅医療懇話会

【第1回 在宅医療懇話会】

  第1回在宅医療懇話会が平成29年7月26日に開催されました。座長は医師会地域保健担当理事の小田真先生。午後9時開始にもかかわらず29名の先生方が参加され、在宅医療の現状と課題など参加された医師皆様から熱いご意見を拝聴することができました。ひとり開業医は24時間365日対応に負担を感じている医師も多く、国の調査では「介護を受けたい場所」「終末期の療養を受けたい場所」として自宅を望む方が多いのですが、そのようなニーズに応えるには在宅医療を担う医療機関の確保や堺市全体で在宅医療を支える環境づくりが必要です。

    

                       

 

      

 

 

2017.07.26 第1回 在宅医療懇話会

ページ : 01  

PAGE TOP

相談シートEXCEL 相談シートPDF